会社を辞めたいけど言えない!そんなあなたを助けてくれる対処法

仕事

会社を辞めたいけど、なかなか上司に言えなくて悩んでいませんか?

・上司が怖い
・周りの目が怖い(職場・親戚)
・世間体が気になる
・他の人に迷惑をかけたらどうしよう
・誰に相談したらいいのか分からない
・辞めるって言ってから実際に辞めるまでの間が怖い
・引き留められたらどうしよう

会社へ「辞めます」って言うのはものすごく勇気がいりますよね。

私も以前ブラック企業に勤め、3回程転職を経験していますがやはり勇気もすごくいりましたし辛い事もたくさんありました。

 

 

 

実際に経験した具体的なブラック内容はこちらに書いてます・・・

 

 

色々辛い事もありましたが「転職」を機に人生が一変し、今はとても幸せな生活を過ごせています。

 

・自分の時間、家族との時間が増えた
・趣味にも没頭
・心がいつも穏やか
・何かに追われているような感覚が無くなった
・恐怖心がない生活
・きちんとした睡眠が取れる
・休みの日の充実感
・家族と以前より仲良くなった

ブラック企業に勤めていた時の平日の心境というのは「今日も仕事しんどいな。何時に家帰れるかな。」で、休日は休日でだいたい夕方頃に「明日から仕事か。」といつも憂鬱でした。

しかし今ではその憂鬱な感覚もほぼ無くなっています。(やっぱりお休みの方が好きなのでちょっとは仕事に行きたくない病は出ちゃいます(笑))

 

会社を辞める事によってどのような幸せを得られたか書いていますので興味ある方は読んでみてください。

会社を辞めて良かったと思うこと8選!実体験に基づいて紹介!
ブラック企業に勤めてきた私が会社を辞めてよかったと思う事を実体験に基づいて紹介します!

 

自ら行動を起こす事さえできれば、今よりももっと幸せになれるのは間違いありません。

この記事では私の実体験を踏まえながら、あなたを助ける対処法をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

私はこうやって辞めました

私が勤めていた会社では、辞める1ヶ月前には申し出なければならないという規定があったので1ヶ月前に退職届を出しました。

雇用期間の定めのない雇用契約の場合は、退職(辞職)の2週間前までに、会社に対して退職(辞職)することを伝えなければならないなど、民法によって退職時のルールが定められているみたいなので、今あなたが勤めている会社の規定は必ず確認しておいた方がいいです。

私の場合は中小企業で、退職届を社長に直接渡すスタイルでした。

当時の社長は退職届を見た瞬間表情が一変し、私の退職理由を淡々と聞いてはくれるもののすごく怒っているのが伝わってきて恐怖心を抱いたのを覚えています。

ずっと医療事務で働くのがで今もそのを諦められていません。
今後そちらの職に就いて頑張っていきたいと思っています。
本当にすみません。退職させてください。

私が実際に当時言った退職理由なんですが、これは穏便に退職できるように一生懸命考えた嘘です。

内心、夢を語れば「おう!頑張れよ」って言って背中を押してくれて円満退社になるかなと思っていましたが全然そんな事なかったです。

素直に「この会社が嫌なので辞めさせてください」なんて言おうもんならどうなっていたでしょう。

減給?ボーナスカット?嫌がらせ?残業時間のさらなる延長?

このように人を傷つけたり迷惑をかけるような嘘でないならむしろついた方がいい場面だってあります。

 

 

その後も色々あり辛い毎日でしたが規定通りなんとか退職ができました。

 

 

辞めると告げてからのつらい出来事

○○が辞めるとの事!ずっと可愛がってきたのにこういう形で裏切られたのは初めてだ!みんなは同じような事するなよ!

会社の全体朝礼で全社員の前で名指しでこう言われました。

社員のみんながどのような感情を持ってその話を聞いていたかは分からないですが、まぁみんなの視線がすごかった。(笑)

その後は、社長も冷たく私の存在はほぼ無視。

今まで仲の良かった社員さんも突然冷たくなったり、とてもつらかったです。

その会社の社風にもよるんでしょうけど、こうやって私たちが「辞めたい」と思うような会社って基本的には穏便にはいかない、円満退社は無理なのかなと思います。(多少のストレスは覚悟しないといけない)

 

 

対処法

自分で言うのは

・勇気もいる
・労力もいる
・ストレス半端ない
・辞めるって言ってから実際に辞めるまでの仕事が怖い

ずっと我慢してこれから何年もその会社で働き続けますか?

色々考えた末、「もういいや、このままで」と思うのであればその程度の「辞めたいレベル」という事なのでそのまま今の会社を続けてもらって大丈夫だと思います!

ですが、少しでも「ストレスを減らしたい、今よりも幸せな生活を送りたい」と思うのであれば絶対に諦めないでください!!!

正直一番怖いのって「退職します」と申し出た後の職場での日常じゃないですか?

職場の人たちの目が気になったり、「最後の最後にキャパオーバーな仕事をさせられないか」「どんな待遇が待ち受けているんだろう」とか。

そんな不安は一切抱えなくて大丈夫です!

今の時代は、自分で退職手続きをしなくていいんです。

正直これを見つけたとき衝撃が走りました・・・

あなたは「退職代行サービス」というのをご存知ですか?

なかには初めて知った方もいるのではないでしょうか。

なんと、退職を代行してやってくれます!

退職代行とは直接職場と連絡のやり取りをしなくていいように、職場との退職に関わる連絡を代わりに行う退職代行サービス

・直接のやりとり一切不要で、即日円満退職が可能
・精神的につらい中、会社の人と連絡したり顔を合わせなくていい
・無料相談ができる

 

3社のサービスを紹介

費用の安い順番に紹介していきます。

話題の退職代行サービスを提供する「退職代行Jobs」

・顧問弁護士指導の適正業務
・24時間365日即日即時対応
・会社への出社・連絡は必要なし
・退職できない場合は全額返金

29,800円(税込)費用がお手頃な設定となっています。

さらに追加費用は一切なし

上記にも記載したように他の退職代行サービスに比べて費用が安いです。

「なぜ安いのか?」

それは、法律事務に関する交渉等一切取り扱いしていないから。

例えば、サービス残業や給料の未払い等。

もしこういった金銭面的なところでアクションを起こしたいのであれば近くの弁護士等に相談したり、こことは別枠で動かなければなりません。

ただ、費用も安く返金制度があるのは魅力の一つかなと思います。

「お金とかはもういいから、とにかく退職させてくれ!」って人にはおすすめです。

詳しく知りたい方は、まずは無料相談してみるのもいいかもです。

退職代行「jobs」はこちら→

 

 

 

人事のプロがあなたの退職を代行「退職コンシェルジュ」

・会社への出社・連絡は必要なし
・返金保証あり
・2000件の実績(即日円満退職)
・顧問弁護士の法律相談あり
・育休、失業手当、保険証の相談も得意
・団体交渉を行う事ができる

35,000円(税別)

退職代行サービス・保険証や失業手当に関する相談・顧問弁護士による簡易法律相談、全てコミコミの費用です。

テキトーに済まされがちな問題も中小企業の労務を膨大に経験したスタッフの方がサポートしてくれます。

労基署やハローワークがどんな風に会社側とやりとりするかも熟知しているので、万が一あなたの会社が変な退職手続きをしようとしてきても安心です。

またここはGUJという合同労働組合が運営しており、一般の退職代行業者と違い、団体交渉という方法で交渉を行うこともできます。

もちろん、大掛かりな交渉にまで発展しないのが一番いいですがこればっかりはどうなるか分からないですよね。

会社と揉めそうになったときでもGUJとの連携でそういう対応もできるのがここの退職代行サービスの強みです。

「退職コンシェルジュ」はこちら→

 

 

 

弁護士法人みやびの退職代行サービス

・会社とのやりとり一切不要
・有休消化、残業代、退職金、未払い給与の請求、交渉が可能!
・損害賠償請求への対応も可能
・全国どこからでも利用可能
・最初の24時間LINEやメールで相談できる

55,000円(税込) 【オプション費用】回収額の20%(残業代、退職金の請求など)

費用こそ高めの設定ですが、高いにはやはり訳がありますよね。

ここはプロの弁護士さんが対応してくれるので退職金や未払い給与、残業代などの金銭請求が可能に!

一般的に金銭請求は、弁護士のみが行う事のできる交渉で、もし弁護士以外が金銭請求を行うと、非弁行為となる可能性があり一度決まった退職が無効になることさえあります。

他の退職代行サービスではなかなか無い、金銭面での交渉が可能というのは1番のポイントかなと思います。

サービス残業を長年に渡って強いられてきたこちらからしてはやっぱりそこはきちんと請求したいところですし、サービス残業、退職金、未払い賃金を合わせると金額も大きくなってくると思います。

回収額の20%は費用として支払わないといけないので、得するか損するかはある程度事前に計算しておいた方がいいかもしれません。

ただ、万一会社と揉めた場合でもプロの弁護士さんなので安心して任せられるのが本当に強み。

あなたが辞めたいと思っているレベルの会社ですから「何をしてくるか、どんな手を使ってくるか」分かりませんよね。

他のところに比べると費用が高くなってしまいますが、金銭面的な請求と確実な安心感を得たいのであれば圧倒的にこちらの退職代行サービスの方がいいかもしれません。

あなたの今の環境を見て判断してみてください。

相談無料です。

「弁護士法人みやび」はこちら→

 

 

 

ちなみにどれもたったの3ステップで手続きできます。

①まず相談してみる
②利用したいと思ったら費用をお支払い
③サービススタート

退職完了!

ちゃんとした退職代行サービスなので、お金を突然取られたりなんてこともありません。

こういうのを利用するのって「社会人としてどうなの?」という意見も出てきそうですが、今の時代全然ありだと思います。

というか、我慢して身体を壊したりストレスでハゲたり、精神病んだりするくらいならこういったサービスをどんどん利用してもっと幸せな生活を送るべきです。

 

 

まとめ

周りがなんと言おうと自分のコントロールって自分にしかできませんよね。

自分でコントロール(選択)した上での後悔って腑に落ちるし、メンタル面でも全然違うんです。

私も以前は辞める事がなんだか悪い事みたいな感覚に陥っていました。

しかし、労働者の意思による退職(辞職)は、原則として「自由」なんです。

つまり、退職(辞職)というあなたの行動を会社に拒む権利はありません。

とても怖かったけど、勇気を出して行動したあの時があったからこそ、今の私は幸せなんだと嘘偽りなく言えます!

人生の1/3は仕事です。

「人が死ぬときに後悔すること」のランキング上位に、「やりたいことをやらなかったこと」「仕事ばかりだったこと」というのが挙げられています。

人生1度きりですし、後悔を一つでも減らせるように行動していきたいですね。

その行動が、今回紹介した退職代行サービスでもいいし、自分で退職手続きをするでもいいし、今の会社で頑張るでもいいし、とにかく後悔なく、結果幸せに繋がるんなら何でもいいと思います!

自分の人生は自分で選択していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました